「終わりなき夜に生まれつく」恩田陸著

f:id:Yasui-Bun:20180914170230j:plain

図書館に予約入れてほぼ1ヶ月待った。
蜜蜂と遠雷」が直木賞を受賞した影響かな。

 

しかし、「蜜蜂と遠雷」からこの作品に流れた人の一定数は、もしかしたら、がっかりしたんじゃないかなあ。
世界観も雰囲気もまるで違うからねえ。

引き出しの多い作家なので、お好きな世界観をみつけて読んで欲しい。

“次の予約が入っているので、早めにお願いします”と言われ、ちゃっちゃと読んで返却せねばという義務感に囚われ...たわけではないが、あっという間に読み終えてしまった。

直木賞受賞に出版された恩田陸さんの最新単行本。
夜の底は柔らかな幻」の前日譚で、4年を経ての発表だそうな。
本編を読んだ感覚でいうと、前日譚ではあるが、本編から読むことをお勧めする。

本編の主要登場人物3名の生きた痕跡が描かれる。
これ、忘れた頃にもう一回前日譚読みたいなあ。

本編共々面白いので、あらすじには触れない。