「失われた地図」恩田陸著

不安や恐怖というのは、対象そのものがよくわからないから感じるものだと思う。

恩田陸さんは、はっきり描かないことで、読者の妄想力に上手に委ねる作家だなとかねがね感じていて、そういうものをどうにか盗めないものだろうかと読むたびにいろいろ考えるのだけど、今のところ成功していない。

この作品も不思議な能力を持つ一族と彼らが戦うものについて、ほとんど説明がないまま展開するのだけど、何を描きたいのかは不思議に伝わってくる。
とても曖昧だけど、はっきりした思考が伝わる作品だった。

リンク先の恩田さんのお話を知って、にやりとした。

lite-ra.com